揃ってお墓参り

やっとお墓参りに行きました。

社長の都合や孫たちの学校の都合で、延び延びになっていたお墓参り。

年に一度の家族の行事と言えどもなかなか調整が大変です。

昨日は夕方少し陽が沈んだ頃にみんなで出かけました。

墓石は3体あって、それぞれ私の祖父母、私の両親、そしてその先のご先祖さまが眠っています。

孫たちふたりは興味津々。

ここに誰が入ってる?

ん? ここはばあばのおじいちゃんとおばあちゃん。

じゃあ、ここは?

ここは、ばあばのお父さんとお母さんやよ。

ほんなら、こっちは?

こっちはね、ご先祖さま、、、。

ご先祖さまって誰や???

と言いながら、お水をかけたり、お花を活けたり、ろうそくや線香を立てるのもお手伝いしてくれます。

私の両親も、きっとお墓の中から見てて、喜んでいることでしょうね。

揃ってお墓参りした後は、近くの中華料理店で食事して帰りました。

これで我が家の年中行事もひとつ終えて、やれやれです。

 

 

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

工事現場

お店の工事が順調に進み、外枠がだんだん出来上がって来ました。

窓のサッシもついて、なんとなく外から見ても形になってきた。

それにしてもこの暑い中、お仕事する人は大変です。

大型扇風機をつけての作業ながら、皆さん汗だく。

仕事とはいえ、お疲れさまです。

3階建ての家で、3階は倉庫にする予定ですが、そこも見たらすでに床が貼ってあった。

しかし、工事の人に見て! と言われても3階まで上がるのが大変。

階段の手すりがすでに取り払ってしまっていて、少しゆがんだ階段を上るのはチチョー怖い。

しかし施主さんはたまに見てほしいと言われ、こわごわ3階まで上がりました。

いやはや、、、。

今日も今から銀行→現場と、半日お店のことで奔走しそうです。

 

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

国際色豊かなお花見久兵衛

最近のお花見久兵衛は、とって国際色豊か。

研修生が5人いて、ポーランド人が3人、中国人がふたり。

中国人は日本人とそれほど見かけは違わなくて、すんなり周りの空気に溶け込みますが、やはり欧米人はまったく顔つきが違う。

どちらかというとロシア系の顔つきで、鼻も高く目鼻立ちもはっきりしています。

フロントに立っていると、一瞬、あれ??? お花見久兵衛のフロントかな? って思ってしまう。

でもそんな感じを受けたのも初日だけ。

ポーランド人ももうすっかりお花見久兵衛に溶け込んでいますよ。

どの国であれ、やはり若い子っていいですよね。

うちに来た5人はレベルはさておき、みな日本語が話せます。

それぞれの国で日本語を勉強して、現地で研修を重ねるのでしょう。

ポーランド人は二カ月、中国人は半年。

それぞれの滞在期間を有意義に過ごし、素敵な思い出とともに無事国に帰ってくれることを願っています。

 

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

プールがオープン

先日お掃除を済ませ、お花見久兵衛の屋外プールがオープンしました。

今、プールサイドには紫陽花の花が綺麗に咲き誇っていて、雰囲気は抜群。

早速、この連休はお子様連れのお客さまがご利用されていました。

外気は暑くても、水を張ったばかりのプールは水温4度と冷たい。

大きな浮袋に乗って遊ぶ親子連れが、なんとも微笑ましい。

そういえば私、最近スイミングに行ってない。

出張やらなんやらでとんと行けない。

こんな暑い時こそプールに飛び込んだら気持ちいいのに。

今週は絶対行くぞ!

それにしても気持ちは分かるのですが、、、。

プールでたくさん泳いだら、お風呂では泳がないでね。

 

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

入会しました。

湯の本町商店振興会に入会しました。

お店のオープンまであと2か月。

何だかするべきことが山積みで落ち着きません。

お店の改装はあくまでも湯の本町商店振興会の事業なので、まずは振興会に入会しました。

だんだん町内の店舗が減っていく現状で、一軒でもお店が増えることはありがたい、と会員の皆さんも歓迎してくださって。

今事業をしようとしている木造の建物は、いわば昔の旅館「吉本屋」の発祥の地です。

先祖伝来の場所であらたな取り組みをするのも、ご先祖様のお導きかもしれませんね。

そんな意味では湯の本町は我が家のルーツ。

私も早く商店振興会になじむよう、努力していこうと思っています。

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

デュエット名はハーブ&ピクルス

今日は、久しぶりに相棒と二胡の演奏を合わせてみます。

11月の発表会にはまだ時間があるのですが、実は9月21日お店のオープン記念に二胡の先生が演奏に駆けつけてくださることになりました。

もしかしてそこで私たちも1,2曲、という事にもなりかねない。

だとするともう時間もないので一度合わせとこうかと。

5月に慰問とお茶会と、二人にとって初めての二胡の演奏を人前でしましたが、その時に私たちデュエットの名前をつけました。

「ハーブ&ピクルス」

お互い、好きなものの名前です。

彼女はお庭にハーブを植えていて、私は毎食時に野菜の酢漬けを食べる。

将来もっと二胡が上手になった時、どこからか演奏のお声がかかったら、この私たちの芸名も生きてくることでしょう。

そんな日が来るかどうかは別として、とりあえずは11月の発表会の練習です。

9月にお店がオープンしたら、しばらくは軌道に乗るまで練習の時間も少なくなるでしょう。

今のうちです。

好きな曲を素敵に演奏できるよう、今のうちに頑張って練習するとしましょうか。

 

 

カテゴリー: 投稿 | コメントをどうぞ

暑い中

毎日暑い日が続きますね。

北陸でももう30度越えは当たり前。

連日33度以上の猛暑日が続きます。

一方の九州では豪雨の被害が甚大とかで、本当に日本の気候も今後どうなるのか見当もつきません。

私はと言えば、こうも暑いとゴルフをする気にもならない。

今、工事のことでバタバタしているので丁度いのかもしれませんね。

本当に今、バタバタしていていろいろ決めないといけないことがいっぱい。

9月20日のオープンまで、もうあと二か月。

補助金事業のため単なる開店準備だけではなく、むしろその事業の為にすることがいっぱい。

毎日駆けずり回っています。

なんでこんなことしようと思いついたのか!

しかし今更後悔しても始まらない、前に進むのみ。

では今日も暑い一日を乗り越えて、元気に過ごしましょう。

 

カテゴリー: 投稿 | Comments Off on 暑い中

ふるさとへようこそ

img_1286

金沢の調理師専門学校のオープンキャンパスに、石川に来られた道場六三郎先生。

その足でふるさと山中温泉にお見えになりました。

99才のお姉さまたちご姉弟を始めご親戚が集まり、東京からは先生の娘さんも駆けつけてこられ、料理屋さんで鮎を召し上がる予定とか。

現地集合の合間に、お花見久兵衛にお立ち寄りくださって、しばしおしゃべりをしました。

緑あふれるベランダで社長と、料理長と、私の、4人でナイスショット。

いつまでもお若くてお元気な道場先生です。

いつも山中温泉のこと、私たちやお弟子さんたちの事を思って下さってて、温かいまなざしで支えてくださいます。

ほんの短い山中温泉でのご滞在を存分に楽しんでもらいたいですね。

カテゴリー: 投稿 | Comments Off on ふるさとへようこそ

人生最後の挑戦

いよいよお尻に火がついてきました。

新しい事業のこと。

お店の工事が進む中、することがいっぱいあり過ぎて、いつもは空っぽの頭の中も今ぎっしり詰まってる。

いちおうオープンは9月20日。

工事が間に合えばの話ですが。

しかし22日からは山中温泉のこいこい祭りなので、やはりその前にオープンしたい。

21日には二胡の先生がオープン披露に駆けつけて、演奏して下さいます。

もしかして、私と相棒も演奏するかも、、、。

そんな段取りはちゃんとできているのですが、なんせ国の補助金をいただいての事業なのでかなりのしばりがあり、することがいっぱい。

正直、これまでに何度やめたいと思ったことか。

でももう、あとには引けません。

もう2カ月を切ってしまったお店の開店にむけて気が焦る毎日ですが、これも私に与えられた人生最後の挑戦。

頑張ってやり遂げたいと思っています。

 

カテゴリー: 投稿 | Comments Off on 人生最後の挑戦

肩の荷が下りた

長期滞在を終えで、上海永昌学校の生徒さんたちが無事上海に帰りました。

うちの哲平は今日、一足遅れて先生方と帰ります。

本当にお疲れ様です、と言いたい。

自分の仕事をほおってのボランテイアですから。

今日は私は空港まで、頼まれ物の荷物をもって見送りに行ってきます。

今度はいつ来る?

9月のこいこい祭りに帰って来たいけど、、、。

しかし嫁が有給を使い過ぎて一緒に来れないかも。

その時は悠馬と二人で来るし面倒見てや。

えーっ! それは大変やわ~。

考えてみたら私、こいこい祭りの前日あたりにお店のオープンを考えているのです。

そんな時に来られたらパニックになるわ!

正直、来てほしいような、来てほしくないような、、、。

とにかく、今回はちっとも家でゆっくりできなかったけど、また秋には待ってるよ。

はたで見ていただけの私ですが、今回の団体旅行が終わってホッと肩の荷が下りた気分です。

 

カテゴリー: 投稿 | Comments Off on 肩の荷が下りた